人権の花運動(6年生)

人権擁護委員の皆さんにお越しいただいて、6年生が、プランターに「人権の花」植えをしました。この取組みは、子供達が協力し合いながら花を育て、その成長を観察することによって、情操を豊かにし「相手の立場を考え行動する心や思いやりの心を育てる」ことや「生命の尊さ、感謝の気持ちを体得する」という人権尊重の意識を身につけることを目的としています。ぜひ、この思いが叶うことを願っています。

次の記事

教育実習生と学ぶ